初心者 Webライター 始め方

本ページはプロモーションが含まれています

ライター 働き方 副業

【副業Webライターで月5万円は目指せる?】月10万達成した私が未経験・初心者からの始め方を解説

うーなー

エンタメ・イベント業界に従事して14年|コロナ禍をきっかけに副業Webライターとして活動を開始|ライティングやエンタメ業界での働き方などをTwitter・ブログで発信中|夢は家族で世界のディズニー旅

この記事を読んでいる方は

  • Webライターってどんな仕事なの?
  • 文章書くのが苦手だけで大丈夫なの?
  • 副業でも挑戦できる?
  • 初心者でも稼げるの?

と疑問に思われている方も多いでしょう。

この記事を読んでいるあなたは、

そんなあなたに向けて「Webライターの仕事内容、月5万円を稼ぐコツ」などについて解説していきます。

月5万円でも上乗せされて収入が増えたら、生活もグッと楽になりますよね。

私も完全未経験からチャレンジして、たった2ヶ月で副業収入月5万円達成しています!

それを実現したのはオンラインスクール「Withマーケ高単価Webライターコース」を受講したからです。

とにかく最速で結果を出したいなら、リンク先から無料相談を受けてみてくださいね。

\超高単価ライターを目指すなら!/

オンラインスクールWithマーケ
高単価Webライターコース
の無料相談を受けてみる

では気を取り直して、ぜひ最後まで読んで、Webライターとしてデビューしていきましょう!

Webライターの仕事とは

Webライターとは、ブログやニュース記事などのWebメディアへ文章を書くことで報酬が得られる仕事です。

文章が書けることがそのまま仕事になるため業務の幅も広く、近年ではKindleなどの電子書籍やYouTubeの台本作成や文字起こし、SNS投稿と言った仕事も増えてきています。

Webライターの仕事は初心者でも始めやすかったり、最初の1円を稼ぎやすかったりと、参入ハードルが低く、副業で収入アップを目指したり、フリーサンスや独立起業を目指す人にとって人気の高い仕事の一つです。

Webライターは稼げるの?

結論としては、Webライターは稼げます。

Webライターは1文字○円といった文字単価で報酬が決まっています

例えば「文字単価1円で3,000文字の記事を書けば3,000円」と言った具合です。

文字単価2円になれば倍の6,000円です。

つまりライティングスキルを身につけ、実績を積んでいくことで、報酬単価=文字単価が高い仕事を請け負うことができるようになり、徐々に稼げるようになります。

最初は大変かもしれませんが、頑張った分稼げますし、後に同じ作業量でもよりまとまった金額を稼げるようになりますよ。

Webライターのメリット・デメリット

Aerial view of a man using computer laptop on wooden table

Webライターを始めるのにメリットやデメリットはあるのでしょうか?順を追って見ていきましょう。

Webライターのメリット

Webライターのメリットは以下の5つです。

メリット

  • 自宅や好きな場所で働ける
  • 副業でも出来る
  • センスや才能はいらない
  • スキルが身につき、知見が広がる
  • 始めるハードルが低い

順番に見ていきましょう。

自宅や好きな場所で働ける

Webライターの1番のメリットは自宅や好きな場所で働けることでしょう。

会社勤めだと通勤電車で毎日往復2時間〜3時間かけてストレスを抱えながら通っている人も多いはずです。

今でこそリモートワーク推進の会社も多くなり、在宅勤務者も増えてはいるものの、出勤が必要な状況も多いのも事実です。

私も本業は現場仕事があるため、通わざるを得ません。。。

Webライターならパソコンとネット環境さえあればどこでも働けます。

自宅やカフェなど、自分の落ち着く場所で働けるのは大きいですよね。

副業でも出来る

Webライターは書いた分だけ稼げる特徴があるため、副業としても始めやすく人気があります。

今は自宅にパソコンやネット環境が整っているご家庭も多く、あるものですぐに始められるのがメリットと言えるでしょう。

副業禁止の会社でも、自宅で取り組めるならバレる可能性も低く心配も少ないはずです。

センスや才能はいらない

Webライターは文章のセンスや才能がある人しかできないと勘違いされがちですが、安心してください。

センスや才能がなくても、基礎を知り練習さえすれば誰にでも書けるようになります。

小説のようなかっこいい表現や言い回しは必要ありません。

必要なのは読み手に伝わる、読みやすくわかりやすい文章です!

スキルが身につき、知見が広がる

Webライターはクライアントによって、様々なジャンルの文章を書くことになります。

文章力が身につくのはもちろん、知らないジャンルのことを調べながら書くため、知識の幅が広がります。

不動産やお金に関する記事を書いていたら、その知識も身につく。

その知識はプライベートはもちろん、自身のブログや他の副業のチャレンジにもつながる可能性を秘めています。

そう考えると一石二鳥ですね。

始めるハードルが低い

冒頭でも述べたように、他の副業などに比べてWebライターは始めるハードルが低いです。

なぜなら、パソコンとネット環境、後は文章が書ければ誰でもできるからです。

でも文章書くのが苦手、という方も安心してください。

文章は書けば書くほど上手になりますよ。

また、Webライターの仕事はクライアントがライティングのマニュアルを用意してくれている場合も多く、実は学びながら稼ぐことができるんです。

マニュアルのルールに沿って文章を書いていけば良いので、誰にでもできますし、さらには自分の文章力の向上にもつながります。

取り合えず始めてみる、というのが通用するのがWebライターの仕事です。

Webライターのデメリット

一方でWebライターのデメリットは以下の3つです。

デメリット

  • 稼げるまでに時間がかかる
  • 自己管理が必要
  • 収入が安定しにくい

稼げるまでに時間がかかる

Webライターのデメリットは、稼げるまでに時間がかかる点です。

当然ながら、実績がない人にいきなり高単価の仕事は来ません

あなたが依頼者の立場の場合、実績のある信頼できる人にお願いしたいですよね?

それと同じで、まずは信頼を勝ち取る必要があります。

そのため多くの場合、最初は0.5円以下の低単価の案件に応募して、数をこなすしてコツコツと実績を積み上げていくことになります。

時給換算すると数百円など、バイトした方が稼げるんじゃないかと思えるくらいしか稼げなかったりします。

ここで挫折してしまう人も多いでしょう。

自己管理が必要

Webライターは好きな時に好きな場所で働けますが、ライター仕事はクライアントがおり、記事の納品期日が決まっています。

納期を遅らせることは信頼を損ねるためNGなため、必ず期限は守らなければなりません。

そのためには自分でスケジュールを組み、効率よく執筆作業を行う時間を作る必要があります。

どんな仕事にも共通する事ではありますが、自分で仕事のペースを管理する必要が出てきます

収入が安定しにくい

Webライターの仕事は基本的にクライアントワークとなるため、案件がないと仕事になりません

単発の案件に応募し続けているだけでは、次につながらずになかなか収入が安定しないでしょう。

安定して稼ぐためには、継続して案件を獲得する必要があります。

クライアントを複数もつなど、収入源をいくつも確保できるように実績を作ったり営業していく必要があります。

Webライターになる為の10ステップ

Webライターになるための10ステップは以下の通りです。

Webライターになるための10ステップ

  • パソコン・ネット環境の用意
  • ブログを開設する
  • ライティングを学ぶ
  • ブログ記事を書いて操作を覚える
  • クラウドソーシングサイトに登録する
  • プロフィールを充実させておく
  • 仕事に応募する
  • テストライティングをする
  • 受注して記事を執筆する
  • 納品する

順番に解説していきます。

1.パソコン・ネット環境の用意

まずは環境づくりからスタートです。

Webライターはパソコンとネット環境さえ用意すれば始められます

基本的にはブラウジング機能をメインで使用していくため、そこまでハイスペックなPCでなくとも十分です。

デスクトップかノートにするかは、執筆場所をどうするかで決めると良いでしょう。

私の場合は基本は自宅で作業するため、もともとあったデスクトップを利用していて、外で作業するときはiPadを活用しています。

2.ブログを開設する

自分のブログを開設するの?と不思議に思うかもしれませんが、非常に重要です。

なぜなら、ブログを作り、そこで記事を書きためていけば、それが立派なあなたの文章力を示す実績になるからです。

ちなみにブログ開設は、WordPressブログにするのが最もおすすめです!

それはWebライターの仕事のほとんどがWordPressを使用することになるためです。

WordPressブログを運営しているだけで操作などの基礎が身につき、評価につながります。

WordPressの開設は月額999円(税込)から利用可能な国内シェアNo.1のエックスサーバーがおすすめですよ。

\ここで開設すれば間違いなし/


3.ライティングを学ぶ

ブログが解説できたら、次はライティングを学んでいきましょう。

ライティングは主に書籍から学べます。

私は「沈黙のWebライティング」や「ナタリー式新しい文章力の教室」を読んで基礎を学びました。

4. ブログ記事を書いて操作を覚える

本でライティングを学びながら、次は実際にブログを書いていきましょう。

最初は5記事〜10記事ほどを目指しましょう

操作方法は調べればいくらでも出てきます。

何事も学んでからではなく、実践しながら学ぶことが大切です。

ブログ記事を書いていくと実践の中で本で学んだことがつながり、より早く身につきます。

5.クラウドソーシングサイトに登録する

実際にWebライターの仕事を獲得していくには、最初はクラウドソーシングを活用するのがおすすめです。

クラウドソーシングサイトは、仕事の提供者と仕事を探している人をマッチングさせるための仲介サイトです。

Webライターに関する仕事が初心者から熟練の方まで幅広く紹介されており、初心者からでも挑戦しやすくなっています。

おすすめはクラウドワークスとランサーズ、ココナラの3つですが、
特にココナラは商品設定すれば、自動的に仕事受注出来る可能性があるのでおすすめですよ。

いずれも無料で登録できますので、まずは上記の3サイトに登録しておきましょう。

\簡単3ステップ!/

6.プロフィールを充実させておく

登録したらそれぞれのプロフィールを充実させておきましょう。

クライアントはライターから応募があった際に、プロフィールを見ます。

そこに具体的な実績やできることが記載されていれば、「頼んでみようかな」と目に留まるきっかけになり受注確率が高まります。

逆に何も書かれていなければ、どの程度のスキルがあるかもわからず依頼したいと思われることはないでしょう。

登録したら必ず、プロフィールをしっかり書くところから始めましょう。

7.仕事に応募する

プロフィールを整えたら、実際に応募していきましょう。

応募のポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 最初は文字単価0.5円前後の案件にする
  • プロジェクト案件で継続受注を目指す
  • 初心者・未経験者歓迎の仕事を優先
  • 興味がある案件は迷わず応募する

安定した収入源の確保のためにも、プロジェクト案件への応募をおすすめします。

また、最初から1円以上の案件に応募しても、経験者には敵いませんので、まずは初心者の多く集まる案件に応募して行くのが良いでしょう。

応募する際の提案文も使い回しせず、しっかりと案件ごとに作り込めば、意欲も伝わり、通過率を上げることに繋がります。

8.テストライティングをする

案件に応募していきなり発注になるケースは稀です。

多くの場合、クライアントが受注者に対して、望む記事が書けるかスキルをチェックするためのテストライティングがあります。

このテストライティングに合格しないと、仕事を受注できませんので、心してかかりましょう。

テストライティングに受かるには以下のポイントを押さえておきましょう。

ポイント

  • 執筆マニュアルを遵守する
  • 納期ギリギリではなく余裕を持って提出する
  • 誤字脱字はしない
  • 型を使って本文を執筆する
  • 指示された以外にもプラスαの提案要素を施す

社会人として当たり前のことばかりのようですが、丁寧に相手の求めるクオリティの仕事をこなしていくことが、合格と継続のコツです。

9.受注して記事を執筆する

テストライティングに見事合格したら、いよいよ案件の本番です

テストライティングと同様に、ポイントを押さえて執筆作業をして行きましょう。

執筆はテストライティングと変わりません

同じように丁寧に執筆作業を進めていきましょう。

10.納品する

執筆が完了したら最後は納品です。

WordPress入稿など、指定された方法で納品を行いましょう。

入稿前には、誤字脱字チェック、重複表現がないか、他のサイトから丸々コピーしていないかなど、十分に確認してから納品しましょう。

クライアントチェックで単純ミスを連発してしまうと、次の仕事につながらないので気をつけましょう
丁寧に、確実に記事を完成させるのが大切です。

未経験、初心者がWebライターを始めるときの注意点

未経験でWebライターを始めるのにはいくつか理解しておくべき注意点があります。

注意点

  • いきなりは稼げないと理解する
  • 楽な仕事ではない
  • 趣味ではなく、ビジネスであると心得よう
  • 目的や目標は明確にしておこう

一緒に見ていきましょう。

いきなりは稼げないと理解する

Webライターは誰でも簡単に始めることはできる一方で、最初はなかなか稼ぎにくいと理解しておきましょう。

なぜなら、未経験者、初心者の頃に受注出来る案件はほとんど低単価案件だからです。

5,000文字の記事を1日かけて必死に書いたとしても、文字単価0.5円以下なら報酬は2,500円以下…。

稼げるようになるには、とにかく実績を積んで記事執筆のスピードを上げつつ、文字単価を上げていくしかありません。

最初は勉強だと思って、地道に量をこなしていきましょう。

楽な仕事ではない

Webライターの仕事は決して楽ではありません。

ただ文字を書いていればいいだけではなく、未経験のジャンルなら下調べをして、競合リサーチをして、文字の装飾も施して…

やるべき事が非常に多いのがWebライターです。

楽に稼ぎたい、一気に高単価案件を受注したい、と言う方には正直向いていないでしょう。

逆にコツコツ努力を積み重ねられる、地味な作業も苦じゃない方には向いてる可能性が十分にありますよ!

私も地味に地コツコツ積み重ねる派です!

趣味ではなく、ビジネスであると心得よう

Webライターはスキマ時間や副業として取り組まれる人が多いですが、お金を頂いている以上は立派なビジネスです。

学生でも気軽に取り組める仕事ではありますが、そこには立場を問わず「社会的責任」が発生することを自覚しましょう。

決して趣味の延長線上での心持ちではなく、一つのビジネスとして以下の事は最低限守って取り組んでいきましょう。

最低限守るべきポイント

  • 納期を守る
  • 連絡は素早く返す
  • 報告・連絡・相談を細かくする
  • 機密情報を外に漏らさない
  • モラルを持った立ち振る舞いをする

行動のひとつひとつがそのまま、自分の評価に直結するのがWebライターの仕事です。

会社や学校のように、守ってもらえる存在がなく、自分の行動に責任が伴うことを心得ておきましょう。

目的や目標は明確にしておこう

Webライターは「ただ何となく稼ぎたい」という思いでは続きません

はじめの頃は時給換算したら、アルバイトした方が稼げると思うほど。

将来に役立つスキルだけど、どうしても辛くなって挫折してしまう人もいます。

なぜWebライターをやりたいのか?自分と向き合って深掘りして、明確にしておくのをおすすめします。

私の場合は、月5万円達成して少しでも生活を豊かにしたい。という目的と目標で副業にチャレンジして、月5万円を達成することが出来ました。次は月10万、20万、そして30万円達成を新たな目標にして、試行錯誤を続けていきます!

ぜひあなたの目的や目標を明確にして、Webライターに挑戦しましょう!

未経験者がWebライターで月5万円を稼ぐコツ

Webライター未経験者が月5万円を達成するにはコツがいります。

ポイント

  • こまめに連絡する
  • 修正指示は迅速に対応する
  • マニュアルは読み込む
  • 文字単価1.0円以上の案件に応募する
  • クライアントは複数持っておく
  • SEOを学ぶ
  • 自分のブログ記事も書く

1つずつ説明しますね。

①こまめに連絡する

お仕事を受注して、クライアントから連絡をもらったらすぐに返信、進捗があれば都度報告する、などこまめに連絡を取るようにしましょう。

当たり前のことだと思われますが、以外と出来ない人が多いのが事実です。

お仕事を依頼する立場になって考えればわかりますが、依頼した相手から何も連絡が無いと「ちゃんと仕事は進んでいるのかな?」と不安になりますよね?

今ではTeamsやChatwork、Slackなど、チャットツールでやりとりすることが増えており、今まで以上にスピーディで細やかな対応が求められます。

スタンプで反応するだけでも、ちゃんと見てくれていると伝わります。

信頼を勝ち取るためにも、こまめに連絡、コミュニケーションを取るように心がけましょう。

②修正指示は迅速に対応する

Webライターの仕事では、クライアントからの修正依頼が必ずと言っていいほど入ります。

修正指示が来たら出来る限り迅速に対応しましょう。

Webライターの仕事で大切なのは、イイ文章を書くことではありません。

「クライアントの希望通りの記事を書く」のが何よりも大事です。

迅速な対応と希望通りの記事を納品できれば、信頼が積み上がり次回の依頼につながる可能性が高まります。

③マニュアルを読み込む

クライアントから頂いた執筆マニュアルはしっかりと読み込みましょう。

マニュアルの指示通りに、誤字脱字を無くすよう意識して書いていけば、希望通りの記事に近づきます。

一方で、マニュアルに書いてある内容で同じミスを繰り返しているようでは「マニュアル読んでないのかな?」と不信感につながります。

信頼を勝ち取るためにも、マニュアルの指示は遵守。誤字脱字はゼロを目指して執筆しましょう。

④文字単価1.0円以上の案件に応募する

文字単価1円以上の案件に応募するのが、月5万円への近道です。

最初の頃は実績を積み上げるためにも0.5円前後の案件に応募が必要ですが、ずっとやっていては疲弊してしまいます。

0.5円の記事で月5万円以上目指そうとすると、1記事3,000文字程度の案件を受注したら34記も書かないといけません。

1.0円なら半分の17本。2日に1~2本執筆すれば達成できます。この差は大きいですよね。

ハードルが高いように感じても、仕事の内容は基本的に同じです。

私も1.0円以上の案件しか現在は受けていません!

1.0円以上の案件を見つけたら、迷わず応募してみましょう。

⑤クライアントは複数持っておく

Webライターで月5万円を稼ぐには、安定した案件受注が欠かせません

Webライターは稼働した分だけ稼げる職業です。

そのためには案件が必要です。

仮に1企業の継続案件を獲得できたとしても、プロジェクトが終了したら次の依頼は無いかも知れません。

5万円稼げていたのが翌月にはゼロになる事もあり得ます。精神的にも痛いですよね。

それを避けるためにも、複数のクライアントが持てるように営業していくのが大切です。

⑥SEOを学ぶ

クライアントがWebライターに求めるのは、ただ文章を書くことではありません。

SEO記事が書けると、クライアントの評価がグッと高まります

SEOとは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略称です。

つまり、検索エンジン=Googleの検索結果で上位表示させることが、クライアントが求めることなのです。

更に言えば、検索上位になると集客につながるので、クライアントの売上アップに貢献できると言うことです。

SEO記事が書ける人材は、クライアントにとっても貴重なのです。

⑦自分のブログ記事も書く

では、SEOを学ぶにはどうすればいいかというと、開設した自分のブログを運営するのが近道です。

ブログ運営のスキルは、そのままWebライターのスキルアップにつながります。

書きためた記事はポートフォリオにもなるので、一石二鳥ですね。

記事を書く内容に迷ったら、勉強している事を書くのもおすすめです。

学んだことを自分のブログでアウトプットすれば、知識がより定着していきます。

ブログ開設は以下の国内シェアNo.1のエックスサーバーがおすすめですよ。

\簡単10分でブログを開設!/




効率よくスキルを学んで稼げるようになるには?

ここまでWebライターになるための方法を学んできましたが、結構大変だと思われた方も多いのではないでしょうか。

出来れば効率よくライティングスキルを学んで、最短ルートでWebライターデビューしたいですよね。

次に、その方法をご紹介します。

Webライティングを学べるスクールを活用する

Webライターになるには独学でももちろん出来ますが、どうしても時間がかかります。

そんなときはプロに学ぶのが一番早いです。

Webライティングを学べるオンラインスクールを活用すると良いでしょう。

コストはかかりますが、最短でWebライティングのスキルが身につき、Webライターとして稼げるようになりますよ。

稼ぎ出せさえすればすぐに回収できるので、時間をかけるよりも圧倒的にコスパが高いです。

おすすめは「Withマーケ」!!

出典:https://writing.with-marke.com/

私がおすすめするオンラインスクールは、Withマーケの高単価Webライターコースです。

WithマーケWebマーケティング全般を基礎の基礎から学べるオンラインスクールです。

質の高い動画形式の講義が見放題で、ブログやTwitter、Instagram、YouTube、LINEマーケティング、Webデザインまで幅広く学習することが可能です。

学習者の習熟度に合わせて、最適な学習ロードマップを選ぶことが出来、効率的にスキルアップできます。

初心者から月5万円を目指すコースもあるので、完全未経験でも安心して取り組めます。

副業やフリーランスとして活動する人の多くが「案件が続かない」「単価が上がらない」と悩みますが、運営者の方々も同じよ言うに悩み、克服してきた経験から、受講者にかなり寄り添った運営をしてくれているのが特徴です。

何よりおすすめなのが、質問機能です。

他のスクールでは回数制限がある中、無料で何度でも相談できたり、講師の方々が非常に丁寧に回答してくれるため、受講者の満足度が非常に高いのが特徴です。

迷ったら気軽に相談できる場所があるのは、嬉しいポイントですね。

オンラインスクールは何十万円もする所が多い中、Withマーケは月額制を採用しており、しかも月々4,980円と破格です。

入会金が税込99,000円かかりますが、それでも年間15万円ほど。

1日換算で初年度は435円。2年目からは1日160円ほどで学び放題です。

毎日買っていたペットボトル1本我慢するだけで、それ以上の金額を稼げる可能性があると考えると正直安すぎます。

中でも高単価Webライターコースを受講すれば、最短ルートで案件受注まで徹底サポートしてくれます。※特化コースは別途買い切りの料金がかかります。

講師の方が非常に丁寧に解説とフィードバックをしてくれるので、安心して学習に取り組めますよ。

私も本コースを受講して最短2ヶ月の学習を経て1.0円以上の企業の継続案件を受注出来て、現在安定して月5万円以上を達成できています!!月会費も含めてすぐに元が取れています!

Withマーケは無料で動画講義をお試し受講できるので、まずは講座の質の高さを体感して下さい!

以下の記事でWithマーケの口コミや評判について、詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

Withマーケ 口コミ 評判

副業

【副業で月10万円いけた?】Withマーケの口コミ・評判を現役受講生が徹底解剖します!

2024/5/26  

コロナ禍でリモートワークが一気に普及して、働き方の自由度が高まった今。 そんな風に考えて転職や副業に興味を持っている人も多いのではないでしょうか? この記事にたどり着いたあなたは、そんな転職や副業の選 ...

\超高単価ライターを目指すなら!/

オンラインスクールWithマーケ
高単価Webライターコース
の無料相談を受けてみる

まとめ

ここまで「未経験・初心者向けのWebライターの始め方」について解説してきました。

あれこれ考えてばかりで動かないのは非常にもったいないです。

現状を変えたい、少しでも生活を楽にしたい、そう思う方はまずチャレンジしてみましょう。

何より大切なのは、行動することです。

一緒にWebライターに挑戦して、新しい一歩を踏み出しましょう!

\超高単価ライターを目指すなら!/

オンラインスクールWithマーケ
高単価Webライターコース
の無料相談を受けてみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うーなー

エンタメ・イベント業界に従事して14年|コロナ禍をきっかけに副業Webライターとして活動を開始|ライティングやエンタメ業界での働き方などをTwitter・ブログで発信中|夢は家族で世界のディズニー旅

-ライター, 働き方, 副業